フォト

友の会

デイリーポータルZ友の会に入ってデイリーポータルZをもっと楽しもう!松会員には毎月オリジナルグッズが届きます。

PC・スマートフォン(iPhone/Android)に対応
松コース 月額1,080円(税込)→入会する
梅コース 月額324円(税込)→入会する

※入会には@niftyIDの登録が必要です。(ID登録は無料)

2015.02.26

石垣島ハトナイトの会場決定&休むためのいいわけ集

石垣島ハトナイトの場所が決定しました。

ハトナイトという特殊なイベントにも関わらず快く会場を貸してもらいました!ステキカフェですよ。スケジュールも確定です。
スケジュール:
2015年3月8日(日曜日)
11:00~ 受付・ハトマスク配布
(このあいだみなさん自由に写真を撮ってください)
18:00~ 参加者のみなさんが撮った写真を見ながらトーク
20:00終了予定
参加費:
3500円(ハトマスク込み)+イベント中、ワンドリンク以上のオーダーをお願いします
予約方法:
ありません。当日お店に直接来てください。

20150226_003
ハトマスクも届きました

東京からは土曜日に移動して、月曜日に帰ってくると仕事の休みが1日で済みます。休むための理由でもいくつか考えました。
「有給を消化しないと我が社もワークライフバランス的にまずいと思うんですよ」
「3月下旬に余った有給を消化すると迷惑かけるので今とることにしました」
「休日出勤の代休とらないと厚労省に目をつけられますよ」
「ずっとモバイルでメールは見ているので会社に来なくても連絡つきますので」
「どうせ花粉症でぼーっとしているので休んでも一緒ですよ」
「石垣島で我が社のパンフレット配ってきます」
「ピケティも南の島にいけって書いてました」
「休ませないと辞めるぞこのやろう」

などではいかがでしょう。我が社のパンフレット配ってきますから、は10年前に八丈島出張をするときに上司に言ったセリフです。当然そんなこと忘れて配りませんでしたが。あと、ピケティ云々は嘘です。
1日休んだ以上の経験があると思いますのでぜひお越しください。ANAのホテル付き航空券はまだあいてました。

2015.02.24

石垣島でハトナイトやります

001

林です。みんなでハトのマスクをかぶって写真を撮りあってキャッキャするイベント、ハトナイトを久しぶりに行います。場所は石垣島。

石垣島のデイリーポータルZ読者の皆さん、ハトになりたい皆さんはグーグルカレンダーに予定を入れておいてください。

石垣島は沖縄本島からはわずか1時間、羽田からはわずか3時間30分です。東京から吉祥寺を徒歩で移動するのと時間的には同じです!近い!電車って早い!

日時:2015年3月8日(日) 昼:マスク配布~各自撮影、夜:ハトマスクをかぶった写真を見ての飲み会
費用:ハトマスク付き3500円(予定)
場所:未定
予約方法:未定

未定ばかりの情報ですがテンション上げて告知画像を作りました。随時更新されてゆく有機的なイベント情報をお楽しみに。

2015.02.23

Photoshop25周年おめでとう!(勝手に)

林です。

2月19日でPhotoshopが25周年を迎えたそうです。アドビのブログに書いてありました。
デイリーポータルZの記事、特に僕の記事はPhotoshopがなければ成り立たないものばかりです。
写真にテロップを載せてテレビに出たことにしたり
20150223_004

 

モノクロで粗くしてフォーカスされた芸能人のふりをしたり
20150223_005

 

赤を飛ばして40年前に撮られた写真をきどったり
20150223_006

 

背景に細胞や脳を描いてサイエンスな感じにすることもできました。
20150223_007

 

ひとりで走り回って合成すればサッカーの選手だった気になれます。
20150223_008
ゴールパフォーマンスだけやってみたい

 

テロップをアクリル板に印刷してどこでもテレビ気分にもなりました。
20150223_009

芸能人になったりサッカー選手になったりものすごく充実した人生です(実際にはPhotoshopで自分の写真のパス抜きをしていただけですが)
独自の使い方をしているヘビーユーザーとしてこの25周年のムーブメントに乗っかってゆきたいと思います。グラッチェ!Photoshop25周年。

2015.02.19

12月友の会グッズ「きだてセレクションボールペン2」

こんにちは。編集部アルバイト藤原です。

昨年12月のデイリーポータルZ友の会、松コース会員さまへお送りしたグッズは「きだてセレクションボールペンセット2」です。色物文具愛好家のライターきだてさんが選んだ珠玉のボールペンたちです。

Goods

以前、ご好評だったボールペンセットが半年ぶりに帰ってきました。今回の内容を紹介します。

1.ルーペペン

1350979_2

まずはこのルーペが付いた「ルーペペン」からのご紹介。ペン先のキャップに紐がついていて首にかけて持ち歩く事もできます。便利。

1350982_2

はじめは無意味に関節がついてるのかな?と思ったのですがそんなわけもなく、どうやらこの白いところの穴を目に当ててレンズを見るとちょうど焦点が合うみたいです。上の写真とは向きが逆です。

接眼レンズみたいなものですね(レンズ付いてないけど)。

Dsc_0817

桑畑の地図記号。

2.ブレスレットペン

1350992

続いてはこちら、ブレスレットにもなるペンです。オシャレですね。色は数種類あって、どれが送られてくるかはランダムです。

健康になる効果とかはとくにないです。

1350994

ペンの根本のチューブが黒っぽくなってるところにインクが入っているので(短い)、実際ペンとして使うとすぐに使えなくなるという話を聞きました。

3.ハサミペン

1350996

そしてハサミペン。こちらはペンからハサミに変形します。トランスフォーマー。

1360002

ペンの横にはLED(弱め)がついています。暗いところで何かメモするのに便利!と思って実際やってみたら指が邪魔でだめでした。


4.アトマイザーペン

1360007

ここまでに登場するペンの中でもダントツに持ちやすいです。手にしっくりきます。

アトマイザーペンの特徴は、アトマイザーが付いているところです。香水や消毒液を入れておくといつでもどこでも噴霧できます。

1360011

正直「アトマイザー」と言われてもわからなかったのですが、このスプレーみたいなのがアトマイザーだそうです。この機会に覚えておきたいです。

以上4本のペンのセットをお送りしました。

…。

ところで、このペンの機能はこれだけじゃないんです。なんと劇もできるんです。

というわけで御覧ください。

***

~ ペン物語 ~

1360015

ハサミペン(以下、ハサ)「ネェちゃんよ、さっきはよくもやってくれたな」

ブレスレットペン(以下、ブレ)「あ、あんたたちが悪いんでしょ!」

アトマイザーペン(以下、アト)「なんだとぉ!?」

1360018

アト「おまえなんかなあ、こうしてやる!」

ブレ「やめてよ!きゃぁ~~~」

アト「ここをな、はずしてやる!」

…ブチッ!

ブレ「いやぁ~~~」

1360021

ハサ「おいおい、力尽きるにまだ早いぜ」

ブレ「一体なにをするつもりなの…?」

ハサ「いいから見てろって」

1360023

ハサ「どうだい?」

ブレ「……」

1360025

ハサ「オレ様のペンは、もうこんなんだぜ」

ブレ「いや!」

1360027

謎の男(以下、謎男)「その子を開放しなさい!」

アト「なんだ、これからいいところだったのによう」

1360029

ハサ「誰だてめえ」

アト「刺すぞ」

1360031

謎男「私は正義の使者…ルーペペンだ!」

1360036

謎男「くらえ、ルーペビィィィィィイイム!!!」

ハサ、アト「ぎゃあああああ」

1360039

謎男「大丈夫ですか」

ブレ「ありがとうございます!」

1360040

チュッ

~完~

どうですか、どうでもいい話を見せられた気分は?
こんな感じで楽しんでいただければと思います。

*****

友の会松会員様向けのグッズは毎月1つ届きます。

友の会のご案内はこちらのページからご覧ください。

※「きだてセレクションボールペン第二弾」は12月に友の会の松会員だった皆様へお送りしたグッズです。


2015.02.04

2/10 DOMMUNEにて「ヘボコン受賞者トーナメント」&日記

こんにちは、石川です。

先日、文化庁メディア芸術祭にて「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」が審査委員会推薦作品に選ばれました。
→くわしくはこちら http://dpz.cocolog-nifty.com/q/2014/12/post-1322.html

本日2/4(水)より、2/15(日)まで、六本木の国立新美術館で受賞作品の展示が行われています

Dsc02900

ヘボコンは受賞ではなく審査委員会推薦作品のため、大きな展示はないのですが、そのかわり関連イベントとして2/10に番組配信をしていただけることになりました。

2/10(火) 19:00-21:00 DOMMUNEにて放送

「ヘボコン受賞者トーナメント」

出演

石川 大樹
第18回エンターテインメント部門審査委員会推薦作品『技術力の低い人 限定ロボコン(通称:ヘボコン)』企画・主催者
かめたろう
ヘボコン優勝

すずえり
ヘボコン最も技術力の低かった賞

モッサリオ・モッサ・モッサ
ヘボコン審査員賞・デイリーポータルZ賞
                                                                                                           

モデレーター

久保田 晃弘
エンターテインメント部門審査委員/アーティスト/多摩美術大学教授

米光 一成
エンターテインメント部門審査委員/ゲームデザイナー/立命館大学教授

内容がどんな感じかまだわからないのですが、第1回ヘボコンの受賞者たちによるミニトーナメントのほか、ヘボコンのすばらしさや世界進出を始めたヘボコンのその後などのトークが繰り広げられるような気がします。

---

話は変わりますが、ここからは日記です。きのう贈呈式があったので行ってきました。その様子を少しご紹介します。

Dsc02875

表彰式の様子。坂-1グランプリなどでお世話になっているコロカルのドリタさんがなんと新人賞を受賞。(「Slime Synthesizer」。詳細はこちら)
おめでとうございます!!!!

Dsc02895

展示の内覧会もありました。ヘボコンは賞ではなく審査員推薦作品なので、隅っこにある情報端末で動画のみ見られます。かなり隅っこなので見落とさないように注意してください!(見落とした場合はこちらで同じ動画が見られます

ほかにも以前GIFアニメ研究会でGIFを作ってくれた市原えつ子さんも「妄想と現実を代替するシステムSRXSI」でヘボコンと同じ審査委員会推薦作品に選ばれています。この端末で見られます。

Dsc02903_2

贈呈式の後の祝賀会の様子。会場に知り合いが数人しかおらず、みんなけっこう忙しそうだったので僕は料理の写真ばかり撮っていました。

Dsc02904_2

1時間ほど料理の写真を撮って帰りました。
日本酒がおいしかったです。

以上です。

ヘボコンは今年も何回か開催しますので、お楽しみに!

«スカパー!コラボ企画のアンケート実施中です