« ドキドキしました | トップページ | 1月23日はアホアホ本エクスポ(林が参加します) »

2009.01.16

ラジオのジングルづくり

石川です。こんにちは。

 先週から、デイリーポータルZラジオのジングルが変わりました。ちゃんと打ち込み(コンピューターでの作曲)で作った曲です。今回は、僕が曲づくりに使っている機材の紹介をしたいと思います。

*****

Drums

↑まずはドラムセットです。ドラムだけは打ち込みではなく、自分でたたいています。たたくときは伏せてつかうのですが、写真では裏返しになっていますね。使わないときは上向きで保管しているのです。雨水が貯まってお風呂に使えるからです。

*****

Synth

↑これがシンセサイザーです。ドラム以外の音は全部ここから出しています。たくさん開いている穴に石を入れると、音色や音程が変わります(コップに水を入れても音が変わりますよね)。音にシャープやフラットをかけるには石のかわりにみかんを入れます。夏の曲にメジャーコードの明るい曲が多いのは、夏場はみかんが高くなるせいです。冬はみかんが箱買いできて便利ですね。

*****

Hato

↑ハトです。ハトの声を入れたいときに使います。

*****

Pc

↑これらの機材をすべて制御しているのが、このパソコンです。たくさんのデバイスをパラレルにコントロールし、オーディオデータもレイテンシーなしにリアルタイムでプロセッシングする必要があるので、高性能なパソコンを使っています(「億」ボタンがついています)。

*****

Recorder
※写真を撮り忘れたので、700人が穴を掘る! 全国穴掘り大会の写真を使っています

↑穴です。上で紹介した機材はすべてこの穴の中で鳴らしまして、すばやく埋めることで保存しています。レコーディング場所は砂場が穴が掘りやすくていいのですが、子供に掘り返される危険があります(作りかけの曲を聴かれるので恥ずかしいです)。おすすめは、川の中州ですね。あまり人が来ないので。あまり深く掘ると水が出ます。

*****

 ぜんぶ嘘です。それではみなさん、よい週末を!

« ドキドキしました | トップページ | 1月23日はアホアホ本エクスポ(林が参加します) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事