« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011.03.13

デイリーポータルZはいつも通り更新します

こんにちは。デイリーポータルZ編集部 林雄司です。
デイリーポータルZ編集部もライターも無事です。岩手在住の櫻田さんも無事との連絡がありました。

報道で知る地震被害の状況に驚いています。
これまで取材で訪れた東北沿岸の町を思いだし、そこに住む人の気持ちを想像しています。奇妙な土産を売っていた商店や、うっかり入ったら地元の人ばかりだった居酒屋、あそこにいた人たちはどうしているだろうと考えています。
多くの人が同じ気持ちだと思います。

自分たちにできることを考え、デイリーポータルZは通常通り更新することにしました。
私たちが得意なのはインターネットを使って人を笑わせることです。ささいなことを面白がったり、快い感情を伝えることです。デイリーポータルZに状況を変える力はありませんが、いま暗い気持ちでいる人が私たちのサイトを見て、一瞬でも気が楽になることを願っていつも通りに更新することにしました。
これが多くの人がふつうの暮らしを取り戻す一助になることを願っています。

ただ書く側もこの状況だとあまりテンションが上がらずにおとなしめの記事になることもあるかもしれません。停電の関係で入稿が遅れて公開時間がずれることも予想されます。それはご容赦ください。

笑いや自分たちのサイトについて語るのは野暮だと思いますが、ご説明させていただきました。

インターネットを使った情報のやりとりはSNSのようなリアルタイムでオープンな場所で行ったほうがいいでしょう。被災していない人がいまできることについてはこのページがまとまっていると思います。
http://japan.cnet.com/news/topics/35000418/

私たちも節電や寄付をしながら毎日更新のおもしろサイト デイリーポータルZを更新したいと思います!

2011.03.09

3/9 集合知で将棋は勝てるのか

本日のUSTREAMは「集合知で将棋は勝てるのか」をお送りします。

将棋のルールすら怪しい初心者が将棋の経験者と勝負します。ただ初心者にはツイッターで次の手のアドバイスを得ることができます。みんなの知恵を結集すると将棋は強くなるのか。
将棋に詳しい視聴者のかたはぜひツイッターで指示を出してください。もしくはじゃましたいかたもどうぞ。Yahoo!知恵袋の使用も可とします。

放送は21時から。

放送日:2011年3月9日(水)21:00~
USTREAMのデイリーポータルZチャンネルで
http://www.ustream.tv/channel/dpz

出演:林雄司、大北栄人、べつやくれい、藤原浩一(将棋初心者)

2011.03.01

3/2 ピリピリタイムライン 第2回 ゲストは津田大介さん

インターネットやソーシャルメディアについて造詣の深い人の意見を聞いて考えたい、
すね毛をはがされて痛がってる人が見たい、
そんなふたつのニーズを満たすUSTREAMただひとつの番組。ピリピリタイムライン。

3月2日は第2回放送です。今回のゲストはジャーナリスト 津田大介さん。

番組タイトルに入っている通り、視聴者のボタンによってすね毛をはがす悪魔のマシーンを導入しました。リアルタイムウェブと昭和のバラエティの融合を実現するUSTREAMです。第1回ダイジェストはこちらをご覧ください。

第2回目放送 2011年3月2日(水) 21:00~22:00

ゲスト:津田大介さん(ジャーナリスト)、岡田有花さん、鈴木曜さん(富士重工業)
進行:林雄司(デイリーポータルZ)

放送はUSTREAM デイリーポータルZチャンネルにて
http://www.ustream.tv/channel/dpz

ゲスト紹介:

津田大介さん(ジャーナリスト)
twitterなどソーシャルメディア関連に造詣が深く、先月の朝まで生テレビにも出演。津田さんの名前にちなんでカンファレンス中にツイッターを用いて実況することをtsudaると言われている。「Twitter社会論 - 新たなリアルタイム・ウェブの潮流」など著作多数。

岡田有花さん
ITmedia記者。IT戦士 の名前で知られている。ネットサービスについての鋭い記事から私小説的な記事まで幅広く執筆。2011年2月にアイティメディア株式会社を退社することを発表。

鈴木曜さん(富士重工業
富士重工業でスバルオフィシャルサイトからウェブでのプロモーションまで幅広く行う。「Webクリエーション・アウォード2010」でWeb人賞を受賞。2011年2月にはプロモーションの一環としてGAINAXとのコラボレーションアニメ作品「放課後のプレアデス」を発表。

お楽しみに。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »