« 「お札風チケット」予想以上に上出来です | トップページ | 秋田書店「もっと!」にカラスヤポータルZ 掲載されてます »

2013.12.16

バカ記事大賞2013 結果発表!!

こんにちは、編集部 石川です。
去る12/14、デイリーポータルZとオモコロの共催イベント「デイリーポータルZとオモコロのバカ記事大賞2013」が東京カルチャーカルチャーにて開催されました。

デイリー、オモコロの各サイトがお勧めする今年のバカ記事が一堂に会し、その中で「今年最もすばらしかった」バカ記事を決定するイベントです。

まずはノミネートした記事をご紹介していきましょう。

■ノミネート作品

●変態仮面に勝手に画像を使われたので文句言ったらお金くれたからパンツ買って配ったら警察に連行された(オモコロ ヨッピー)

H0i55ohm

映画「変態仮面」に勝手に画像を使われたヨッピーさん、制作会社に殴りこんだところお金をもらえたため、大量のパンツを買って駅前で配ったら、予想通り警察に連行されました、という記事です。
イベントではヨッピーさん本人が登場、「警察に連行されてもパンツ履いてればセーフ」等、独自の持論を展開していました。

●「コーラってそもそも何味なの?」メーカーに聞いた(デイリーポータルZ 大北栄人)

2vb4nt77

バカの疑問「コーラって何味?」に真正面から迫る取材記事。出発点はバカですが日本のコーラの意外な歴史が明らかになるなど、インタビュー内容も興味深い。
イベントでは記事に登場した、大北さんが手探りで調合した「大北コーラ」が振舞われました。審査委員長 天久さんによると「戦後の味」。


●大阪の虎ガラのオバチャンと227分デートしてみた!
(ライブドアニュース 谷口P)

Wwxo0e9m

トラと少年が二人きりで漂流する映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」にちなみ、トラ柄の服を着た大阪のおばちゃんとイケメンが227分のデートを行うという記事。映画の展開にあわせて、デートも徐々にドラマチックな展開に向かっていく。
イベントでは谷口Pが登壇、撮影の様子や、記事に登場したおばちゃんに関する裏話を披露してくれました。

●結婚のご報告。30年彼女がいなかった僕が、秒速で結婚できた理由。(株式会社LIG 紳さん)

6kdiysk4

エイプリルフール企画だったはずの「嫁募集」企画に本当に応募してきてしまった女性。女性の勤務先会社の協力の元、仕事の打ち合わせと称して女性を呼び出した紳さんは、会議室にて自分との結婚をプレゼン。その後、初対面から3時間で本当にスピード結婚してしまった、という報告記事です。
イベントでは紳さんとともに、奥様も一緒に登場。バカ記事のための結婚ではなく本当に愛し合っていることの証明として、壇上でのキスを見せ付けてくれました。

●「三輪車男」こと、俺の話を聞いてくれ。ヤマハ発動機 三輪車男チーム

Wj9hq50l

失踪した父の置き手紙「さんりんしゃ、だいじにしてね。」のメッセージを守り、大人になっても常に三輪車で行動する男の人生物語。
唯一の(バカ系サイトでない)一般企業サイトからの参加ということで、登壇された担当者の皆様に審査員からの質問が集中。オモコロサイドからは「こういうの我々にやらせてくれないと仕事なくなっちゃうんで困ります」との発言も。

●一人で彼女にあーんしてもらっている写真を撮る方法(デイリーポータルZ 地主恵亮)

0hrtgrm0

彼女に「あーん」してもらっている写真や、口についたケチャップを拭いてもらう写真など、仲良さげなデート写真をすべて「ひとりで」撮影してしまう方法を紹介する記事。
地主さんはこの記事で世界的にブレイク、TV出演のため中国に呼ばれたり、CNNや英ガーディアンに取材を受けるなどしています。それを受けて壇上でも、審査員の「調子に乗っているのではないか」という批判に対して地主さんが完全に調子に乗った受け答えをするなど、世界的スターぶりを披露してくれました。

●駄菓子のアイツに学ぶ愛されコスチューム(オモコロ あぐ味)

Pk0t44ta

人気者になるために、老若男女に支持される駄菓子のパッケージのコスプレをする記事。登壇してくれた、作者のあぐ味さんは現役の女子高生。「友達や先生は知っているのか?」「学校でからかわれるのではないか」など誰もが思う心配事に答えてくれたほか、当日来ていた制服が、学校は私服なので実は衣装であることも判明。

●洗車(盛岡)

Aa

今回のノミネート中、もっともインタラクティブだった記事。平和な町の洗車屋さんに嫌味なフェラーリがやってきたことから始まるドタバタストーリーの中で、マウスをあわせるとペイントされた尻が迫ってきたり、全身ペイントの全裸の男がレースをしたりするギミックの数々が展開されます。
イベントでは作者の盛岡さんがこられなかったこと、また内容があまりにひどいことから、イベント中最速で紹介が打ち切られました。

●電動ドリルでスパゲッティを食べると便利(デイリーポータルZ 石川大樹)

81ilp9de

工具の電動ドリルの先にフォークを付ければスパゲッティを自動で巻けて便利。その他、電動歯ブラシとしての利用法や、高速耳かきとしての利用法など、さまざまな利用法を試す記事。
ステージでは作者が実際に電動ドリルでスパゲッティを食べる様子を披露。その後ドリルは司会のセブ山さんにバトンタッチされ、モーター最高速でスパゲッティを食べたり、ドリル歯ブラシで顔ごと高速振動したりとアグレッシブに活用されました。

●入浴剤で夏を乗り切ろう!(ARuFaの日記 ARuFa)

Oevdwfi1

冷感効果のある入浴剤を肌に直接すり込み、暑い夏でも涼しくすごす……つもりが案の定たいへんなことになってしまう記事。
ステージでは作者のARuFaさんが見守る中、ドリルに続いてこちらでもセブ山さんが実演。入浴剤以上に効きそうなハッカ油を全身にすり込み扇風機に当たると、セブ山さんの悲鳴とともにハッカの香りが会場中に広がりました。


■大賞受賞者は……

エントリー作品は以上の10記事。そして作品を審査してくれた審査員はこの方々。

天久聖一(バカはサイレンで泣く、など)
林雄司(デイリーポータルZ WEBマスター)
原宿(オモコロ編集長)
吉原ゴウ(株式会社LIG代表取締役副社長)
カトウ(ねとらぼ編集長)

そしていよいよ発表、記念すべき第1回バカ記事大賞に選ばれたのはこちらの記事です。

●一人で彼女にあーんしてもらっている写真を撮る方法(デイリーポータルZ 地主恵亮)

0hrtgrm0

後日、受賞理由について、審査員の二人に聞いてみました。

Hara オモコロ編集長 原宿

どういうベクトルの「バカさ」を大賞に選べばいいか少々悩みましたが、やはり海を越えてたくさんの人が「こいつバ カだなぁ」と笑った「国際的バカ」地主さんの作品が一番いいだろうという結論になりました。恋人と過ごしている幸せそうな表情と、悲哀の漂う撮影風景の ギャップのバカさ。あとは「CNNに取り上げられた辺りから調子に乗ってる」と言われてる地主さんをもっと調子に乗らせたら面白いんじゃないかという理由 で大賞に選んでみました。

Haya デイリーポータルZウェブマスター 林雄司

広告なのにバカ、企業サイトなのにバカというなみいる強豪に対して、誰に頼まれてもないのにやってるバカという点が強かったと思います。目がきれい、ぐらいしかほめるところがないタイプですね。 オモコロの洗車を推したのですが、その瞬間原宿さんが目を伏せたのでそれ以上は言えませんでした。 2014年は調子に乗って道を踏み外す地主くんに期待したいです。来年のイベントで「僕らがあんな賞をあげて彼を調子に乗せてしまったのも一因ですね…」と暗く話すことができれば本望です。

ここで紹介するには手前味噌な結果で恐縮ですが、やはり世界的に評価された点でこの記事をはずすわけにはいかなかったでしょう。主催両サイトのトップの二人が口をそろえて「もっと調子に乗せたい」という地主さんの、来年の活躍を期待しつつ、結果発表と替えさせていただきます。

Bbc5dcxccaana6j_2

受賞した地主さん。おめでとうございます!

« 「お札風チケット」予想以上に上出来です | トップページ | 秋田書店「もっと!」にカラスヤポータルZ 掲載されてます »

お知らせ」カテゴリの記事