« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015.01.30

ニフティの社長も履いている「ニフティ名入れスリッパ」

こんにちは。編集部アルバイト藤原です。

昨年11月のデイリーポータルZ友の会、松コース会員さまへお送りしたグッズは「ニフティ名入れスリッパ」です。

こちらが全景。

Media201501303

抗菌加工がほどこされた清潔で履きやすいスリッパです。男性でも履けるゆったりしたサイズ。

Media201501302_2

スリッパには金の文字で「ニフティ」と名が入っています。目にやさしい明朝体です。

Media201501301_2

ソールの部分に厚みがあるので、外に履いていってもギリギリ違和感が無いレベル。

裏面にはすべり止めがついていて、公民館にあるような薄っぺらいスリッパとは一線を画す高級感が漂います。

グッズ自体の紹介はこのような感じですが、さらにこのスリッパをよりよく理解していただくために、こちらの物語をご覧ください。(唐突)

***

~ニフティ、冬のハートウォーミングストーリー ~

 

ある冬の日、ニフティの社長はたいそう寒がっていたそうな……。

  

Dsc08593

 

社長「寒いなあ。特に足の辺りが寒い。なるほど、これが冬ってやつだな」

  

Dsc08596

 

藤原「あの、ちょっとよろしいですか」

  

社長「誰だね君は」

 

藤原「アルバイトの藤原です。これを…」

 

スッ…

 

(スリッパを取り出す藤原)

 

Dsc08597

 

藤原「社長、これをはいてください。怪しいものではありません、スリッパです」

 

Dsc08603

 

社長「これはなかなかいいスリッパだな。『ニフティ』と社名も入っていて気に入った。うん、さっそく履かせてもらうよ。これ、右左の違いあるのかな」

 

藤原「どちらでも大丈夫です」

 

社長「そうか。どれどれ」

 

Dsc08606

 

社長「これは温かい…。

    ハッ、 もしやこのスリッパの上に腰掛けておったのか、この不届き者め!」

  

藤原「いいえ。この季節お足が寒いかと思い、スリッパを懐に入れて温めておいたのです」

 

社長「証拠を出しなさい」

 

藤原「5枚上の画像を確認して下さい」

 

社長「なるほど。君のその心配り、しかと受け取っておこう。ありがとう」

   Dsc08546

 

藤原「ところで私4月で雇用の契約が切れるんですが、まだ会社に居着いていいですか」

Dsc08540

 

社長「いいよ」

 

こうして社長の足は温まり、藤原はスリッパの会社で働き続けることができるのでした(注)。

 

めでたしめでたし。

(注:この物語は創作でありスリッパの効果を保証するものではありません。そして僕が実際どうなるかはわかりません。)

*****

友の会松会員様向けのグッズは毎月1つ届きます。

友の会のご案内はこちらのページからご覧ください。

※ニフティの社長も履いている「ニフティ名入れスリッパ」は11月に友の会の松会員だった皆様へお送りしたグッズです。

2015.01.28

2月15日 デイリーポータルZコミックソングまつり

こんにちは。編集部 林です。

デイリーポータルZの記事でいつも曲を作ってくれているこんのひよせさんとイベントを行うことにしました。
デイリーポータルZ コミックソングまつり
2015年2月15日 18:00開場 19:00開演
前売り 1900円 当日2500円 予約はこちらから
20150128_004

町内会の掲示板に貼ってガビガビになってるような告知画像にしました(わざとださくしてるんですよ!)。

ひよせさんのライブのほか、デイリーのライター陣によるスライド、むかない安藤ショーなど。BIKKE(TOKYO No.1 SOULSET)、センチメンタルウインクもゲスト参加です。

ピロリコールを演奏予定。いつものカルカルよりもキャパが少ない店なので早めに予約してください。

藤原くんが調合した砂糖水ハイも提供予定。お待ちしております。

2015.01.27

カラスヤポータルZ最新作「聞いたことない料理を作る! 喰らわす!」の料理写真を公開します

こんにちは。古賀です。

WEBマンガ誌の「チャンピオンクロス」で連載中の、デイリーポータルZのマンガ版「カラスヤポータルZ」、みなさんごらんいただけとりますでしょうか。

うっかり社長っぽい口調になってしまいましたが、最新話が本日公開になっております。

聞いたことない料理を作る! 喰らわす! ~カラスヤポータルZ~
※チャンピオンクロスのマンガページへリンクします

今回はマンガ家のカラスヤサトシさんと担当編集の駒B氏、滝G氏の3人が、わたくし古賀からのお題「『パンペルデュ』を作ってきておくんなし」に答えるというもの。

そう、お3方とも実際の「パンペルデュ」はご存知ないのです。妄想で「パンペルデュ」を作っていただきました。

豪華なことに正解の「パンペルデュ」はクックパッド編集部の方に作っていただくという内容になっておりますよ。

ここでは、マンガではイラストでおたのしみいただきます三者三様の「パンペルデュ」を写真でご紹介します。

01
各国料理を仕事で食べてきたカラスやさんの考える理論派「パンペルデュ」

02
料理上手の滝Gさんがしきりに「大失敗です…」とぼやいていた「パンペルデュ」

03
パンではなく、パイできた駒Bさんの「パンペルデュ」

もろもろ、詳しくはぜひマンガでごらんください!


2015.01.22

優勝はGoでした!:1/29…ついに最高のプログラム言語が決まる!(ただし綱引きで)(綱引き参加者募集中)

2015/01/30 追記
大会は29日に無事に終了いたしました。優勝言語はGoでした! ご参加のみなさま、応援してくださったみなさま、ありがとうございました。

Tsunahiki




2015/01/26 追記

トーナメント表とその解説を公開しました!詳しくは本エントリの一番最後に!

こんにちは。古賀です。

今回は1/29(木)に横浜大さん橋ホールで行われる、プログラム言語対抗(プログラマがチームを組み戦う)綱引き大会のご案内です。

Tsunahiki
急ですが、みんな、綱引きしよう

IT関連業界のみなさまにおかれましては、WEBエンジニア向けの巨大勉強会「エンジニアサポート CROSS 2015」はもうチェックされておられますでしょうか。

このイベントへデイリーポータルZもにぎやかしで参加することになりました。サイト会場図において「お楽しみコーナー」という最高の名称をいただいたのが私どもです。

「プログラム言語対抗綱引」とは、

C、Perl、PHP、Python、Ruby、JavaScript、Go、Java。コンピュータ界を支える8つの言語をあやつるプログラマが各言語チームに分かれ、最高の言語をただし腕力で競い合うというザ・冗談の大会

です。

冗談とはいえ、試合の実況役に日本UNIXユーザ会元会長で現幹事の法林浩之さんにご登場願うなど本気っぽさも兼ね備えており、気合は十分。

当日会場へおいでになるプログラマのみなさま、どうかご自分にゆかりの深い言語にエントリーしてください。エントリーは当日会場の「おたのしみコーナー」で行っております。


「プログラム言語対抗綱引き」

CROSS 2015 おたのしみコーナー
10:00~17:00 エントリー受付
17:30~18:30 対戦!

※各言語定員いっぱいで締め切ります(各言語1チーム定員5名です)
※本企画は後日デイリーポータルZで記事になります。お写真の掲載が大丈夫だよという方にご参加いただけると大変助かります(写真NG! という方ももちろん参加OKですのでその旨受付の際にお知らせください)

本来ダンスバトルで決めるべき最高のプログラム言語を綱引きで決めるとは驚きかと思いますが、ご参加、お待ちしております!

二人三脚でコードを書く「間違ったペアプログラミング大会」も会場の同じコーナーで、「札束風呂」ももって行きます。ぜひ、CROSS 2015へ!

------
2015/01/26 追記

大会もじわじわと近づいており手からの汗もこれまで目薬程度だったのが台所の蛇口くらいのレベルになってまいりました(当日は滝)。

さて本日、大会実行委員にてトーナメントの組み合わせを独断にて決定いたしましたので発表いたします。

こちらです!

Tsunahiki_tournament

おお~、という地鳴りのようなみなさまからの感嘆、聞こえました。
この一回戦の対戦カードについて当日の試合解説役でもある法林浩之さん(もはや大会実行委員長)にご説明いただきましょう。

第一試合 Java対PHP
どちらかというと「お仕事言語」というか、好きじゃないんだけどこれで書いてるって人が多い言語同士の対決。選手層が厚い(ユーザが多い)言語同士とも言えますが、言語への愛情は薄めなので、どれぐらいやる気を出せるかが勝敗の分かれ目かも。

第二試合 C対Perl
出場言語の中でもっとも歴史の長い2言語の、いわばベテラン対決です。ユーザの年齢層が高めなので、スタミナが持つのか?も見どころ。

第三試合 Go対JavaScript
若年層プログラマーに人気の言語対決。Web系ではもっともユーザが多いJavaScriptに対し、最新鋭でユーザ拡大中のGoがどう挑むか。

第四試合 Python対Ruby
オブジェクト指向スクリプト言語として、海外で作られ日本に入ってきたPythonと、日本で作られ世界に出て行ったRuby。立ち位置の近い両者のライバル対決です。

…というわけで、胸が、胸が熱い!手からの汗も台所の蛇口から風呂場の蛇口くらいまでにヒートアップしてまいりました。

どうかみなさま当日まで熱さで胸が焼かれないようご注意いただきつつ、ぜひご参加またご声援をお願いいたします。


続きを読む "優勝はGoでした!:1/29…ついに最高のプログラム言語が決まる!(ただし綱引きで)(綱引き参加者募集中)" »

5mの自撮り棒の重さを計算する

こんにちは。林です。

21日公開の5mの自撮り棒の記事の撮影の翌日、腕の筋肉が痛くなりました。

20150122_002
これがいちばん重かったドキュメンタリー 5mの自撮り棒

あれは一体何キロあったんだろう? 棒の先についているiPhoneと金具はあわせて500g。5m先だから2.5kg?(おもりの重さ×長さで釣り合うというのを習った記憶が…)いや、もっと重かったはず。

今回は斜めになっているし、棒そのもの重さもあるしよくわかりません。わかる気配すらありません(分かったら原稿に書きたかった)。

そこでライター加藤さんです。

20150122_003
理科の先生です(専門は生物)

聞いたところ、数時間経った後に「風呂のなかでひらめきました」とエウレカみたいなことを言って以下の図を送ってくれました。

20150122_001

条件:

・棒の先のカメラと金具:500g
・棒自体の重さ:587g
・カメラと反対側の端を脇にはさみ(回転の中心)、端から30cmのところを手で持って持ち上げている。
・カメラ側の先端は1.5mの高さに持ち上げられている

すると、脇で下向きに11.58kgの力がかかり、腕で12.617kgの力で持ち上げている。ということになるそうです。なるほど、それは重い。

よく分かってないのでこれ以上コメントは書けません。まずは吊り合いう力を考えて、それから斜めになって力が減っているぶんを計算するんじゃないでしょうか。たぶん…そうじゃないかと…だったらいいな。

まあ、慣性モーメントの計算はできなくても君を想う気持ちは誰にも負けないぜ!とか話をずらしたくなります。そんな気持ちも久しぶりです。

加藤さんにはお礼にこの棒をあげることにしました。ギャラが棒。

2015.01.11

1/10~12の連休は「みんな大好ききな粉特集」をお送りします(急!)

こんにちは。古賀です。

きな粉……好きですよね……?

ちょっと遠慮がちになってしまいましたが、私はきな粉が大好きでして、家にきな粉があると砂糖とまぜでそのまま食べたりするんです。口のなか粉っぽさでふんがふんがになりながら。

(余裕があればほんの少しお湯を沸かして、お湯できな粉を練ってなんちゃってきな粉あめみたいにします)

Kinako
きな粉…!

そのようなことをクックパッドニュース編集部の方と話していたところ、「私もきな粉好きです!」と意気投合。

Kinako04
きな粉ファンのクックパッド丸島さん(左)、今回のきな粉特集に記事を書いてくれた馬場さん(右)

クックパッドでは1月中旬に「きな粉」の検索がぐわーっと上がってくるのだそうで(たぶんみんなお正月にお餅に使ったきな粉をどうしようか迷う時期)、これはきな粉をフィーチャーせねば、と立ち上がったのでした。

デイリーポータルでは1/10~12の間、毎日11時にきな粉にまつわる記事を1本ずつ公開します。

1/10 色々な豆をきな粉にする(馬場吉成
1/11 きなこを薬みたいにしたらめちゃくちゃおいしかった(斎藤充博)
1/12 チーズにきな粉と黒蜜をかけて食べるとブルーチーズの味がします(安藤昌教)

クックパッドニュースさんでもこの期間、きな粉特集ページに記事が上がっていくとのこと。

Kinako03
ちゃんとしたレシピ記事は馬場さんとクックパッドニュースさんにまかせて、ほかの2本はそこそこチャレンジングな記事が

きな粉を勝手に盛り上げます!

どうかご期待ください。

2015.01.07

漫画版デイリーポータルZ「カラスヤポータルZ」がWEBコミック雑誌へ!

こんにちは。古賀です。

突然ですが、みなさま当デイリーポータルZに漫画版があることはご存知でしょうか……。

カラスヤサトシ先生が描く、「カラスヤポータルZ」です。

Karasuya03
これ!

じつはこちら、昨年2014年11月から紙の雑誌からWEBコミック雑誌へ移籍しておりました! 毎月1回、書店へ走らずともWEBで「カラスヤポータルZ」が読めるようになったのです。うおお。

連載は秋田書店のWEBコミック雑誌「チャンピオンクロス」!

カラスヤポータルZ」はこちら!

最新作は「思ってた凧と違う! スポーツカイト体験」。
お正月らしく凧揚げをしようという企画だったはずなのですが、行ってみたら見たことない凧が出てきて関係者全員がびびるという内容になっております(みどころは「ズガン!」と墜落する凧)。

Karasuya02
知ってるお正月の凧とは違うやつ

Karasuya01
ズガン!(実際はもっと「ズガン!」という感じで落ちてまして、漫画ではそれがリアルに描かれてます)

これからも毎月1回(1月は4週目にも新作が!)更新していきますよ。
どうぞごひいきに、よろしくお願いいたします。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »