« 4/29~5/5はGWとくべつ企画「生きてるからにはやっておきたいこと」をお送りします! | トップページ | 今日の見どころロング(5/11~13) »

2016.05.11

ロング今日の見どころ(5/9~10)

林です。こんにちは。編集部では日々ああだこうだいいながら記事を読んでいます。その会話のなかから、記事のここを見てほしい!というところをブログで公開することにしました。

副音声的に記事を楽しんでもらったり、そのままスルーしたり、たぶんこの企画数回で終わるなと邪推してもらえれば幸いです。


昔は捨ててたうまいもの

安藤「最後の一文なにいってんのかわからなくて3回読みました。」
>現代のヒエラルキーにならい積み上げた皿の上に大トロ様を鎮座させてみたら、
心なしか誇らし気に見えた。まさに出世魚である。
しかもヒラから社長へのたたき上げだ。
だが、また数百年の時が経てばこの地位も逆転しているかもしれない。
がんばれ鯛。

林「刺し身に共感してる。」
古賀「ここめちゃ好きです。全部妄想なんだけど、タイムリープ法っていうのがSFの世界観としてわりとちゃんと共有できてるのでなんとなく妄想から一歩先に抜けてる感じがして。
>タイムマシンがあったら過去に戻って競馬でひと山稼ぐより、
廃棄されたハラミを回収しまくって現代で売りさばくほうが確実に金になるかもしれない。
競馬はタイムリープ法的なものにひっかかりそうだが、
後者は廃棄ロスが減るしエコだし法的にも抜け穴っぽい。

古賀「でも言ってるのはハラミのこと。『エコだし法的にも抜け穴っぽい』ってドヤれてるのがすごい。」


壁を破って登場する

林「この3人のキャラクターの顔、商品名の書きかたが斬新ですね。」
安藤「代々木公園で撮影したんですが、撮影場所に関係者が10人以上いました。ニフティの営業が気を使って何か買ってきたと思ったらたこ焼きで」
林「どういうつもりだ?」
安藤「売店に行ったら美味しそうだったから、と」
林「飲み物は?」
安藤「人数分のお茶を用意しましたが僕たち以外飲まなかったですね。みんな忙しそうにずっと電話とかしていました。たこ焼きは僕と岩沢さんが食べました」
藤原「それでスチレンボードが割れなかったら大変でしょうね。」
安藤「あ、藤原だ」


今週は梅雨を飛び越して30℃近い暑さに~あと出し天気予報

林「注目はここです」
毎年のことながら、この空気の流れに興奮する。
「暑さは南から」という思い込みを覆すような、大気の流れ。
教科書には載ってない、この流れにいつもゾクゾクする。

林「天気を予報する以外に、増田さんの感情が現れている。」
藤原「天気が好きすぎますね。さいきんラジオに『天気が好きすぎる予報士』という肩書で出てますし」
橋田「休みの日でも天気図見てるって言ってました。仕事だから見てるんじゃなくて、好きだから」

「もうダメだ」と思ったらどうすればいいのか

石川「途中に出てくる『よし、待つぞ』の、待つぞ感?がすごいなと思って、小野さんにこの写真いいですねって言ったところ、小野さんいわく
『妻に「靴下履いた方がいいかな?」と聞いたら「はだしの方がいい」と即決でした。その判断は正しかったようでよかったです。』
って、小野さんの奥さんってすごい強力なブレーンですよね。」

160509_008

橋田「奥さんの判断力すばらしい。小野さんの体育座りは以前から安定感ありますよね。」
http://portal.nifty.com/2006/06/23/b/
060623_006

石川「過去の体操座りとは少し違う気がします。今回は口元が若干きりっとしてるんですけど、特に引き締まってはない感じがします。それがすごく『もうだめだからやむなく待つぞ』という感じです」


焼き上げは逆立ちで!琵琶湖 春の味覚「ホンモロコ」
林「琵琶湖で遊びました~という本題の前の写真なのに『スッポンと戯れたりも』とありますね。」

11

安藤「長崎にいたかと思うとブラジルにいたり琵琶湖にいたり沖縄にいたり、ものすごく範囲が広いですよね。魚やってる人って魚を追ってどこまでもいくのかな」
林「小魚を追うカツオかマグロみたいだ。」
石川「平坂さんのは珍しい焼き方の記事なのに最後揚げちゃってます。焼き方じゃなくてあくまで魚にフォーカスしてるんだなと」

山梨のカツ丼のカツ丼してなさ

古賀「これすごく泣けませんか。最初の1軒目が定休日で、2軒目に最初は受け入れてもらったはずの掲載をやんわり拒否されちゃってるんですよ。こういう取材がうまくいかなくて泣ける、といのはこっちの事情で読んでる人には関係のないことなので大きくショゲれないんですよね。大北くんもだいぶガックリきたはずなんですが、そこやわらかく書いてるところがなんというか」
古賀「あとは、食ってるときの顔。」
安藤「この顔はずるい」

027

古賀「これが『うまい』の表情なのかと。でも伝わる。」
林「これうまいもの食べて更生する瞬間の顔だよね」
古賀「大北くんは顔とかそういうフィジカルなとこも強いです。」
古賀「この記事のときもおかしいのであわせてどうぞ。」

最強の画びょうを決める「画びょうコマ-1グランプリ開催」

古賀「タイトルの『開催』はカッコから出したらいいんじゃないかな。」
安藤「あ、すいません!僕が直前でいろいろいってわからなくなったのかもしれません。『がびょワングランプリ』がいいよと勧めたんですが却下されました」
安藤「そして注目する点は冷静と情熱のあいだです。画びょう回しに没頭しつつも水道で遊ぶ子どもとか警備員とかを気にしてる。」
林「いよいよ決勝戦!って盛り上がっているのに、水道に注意を持ってかれる。これふつう書かないことかもしれない。」
安藤「はじめの頃に比べて写真とか動画がきれいになったと思いませんか。」
安藤「初期の江ノ島は写真が全体的に霧の中みたいでした。」

02160511_001
http://portal.nifty.com/kiji/141216165854_1.htm

林「熱狂できるものを伝えるってデイリーの原点ですね。さっき会社の画びょう回してみたらちょっとおもしろかった。くやしいけど。」

~以上~

« 4/29~5/5はGWとくべつ企画「生きてるからにはやっておきたいこと」をお送りします! | トップページ | 今日の見どころロング(5/11~13) »

お知らせ」カテゴリの記事