« きたれ正月! 12/27~1/4は年末年始とくべつ企画をお送りします! | トップページ | 1/28渋谷ヒカリエででか顔とレンチン会ライブがあります! »

2016.12.29

福岡、西千葉、学童のヘボコンにゲストで行ってきました

ド年末まっただなかのところ恐れ入ります!編集部 石川です。

技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)、今年もワールドチャンピオンシップをはじめデイリーポータルZ主催で何度か開催しましたが、他にも有志によるイベントが国内外で多数行われました。
そのうちのいくつかにゲストとしてお呼びいただきまして、この目でゴミの山……いや失礼しました、力作ロボットの数々を見てきました。この場を借りてダイジェストでご紹介したいと思います。

つくると!ヘボコン

まずは10月のおわりに福岡で行われた、「つくると!」というものづくりイベントの中で開催されたヘボコンです。

Simg_5261

3Dプリンタや自作自転車等のならぶ会場の一角で開催。

Sdsc_1535

土俵です。ちゃんとプロッター(シートを切る機械)でカットされたロゴのカッティングマットを幼児ががんばって貼った結果、凹凸に(試合に多大な影響アリ)

Po_3

試合中の様子。右のロボットは「ポルシェさん」。高級車をダンボールの切れ端で何重にも固めた意欲作。

Sdsc_1590

DPZ賞を贈呈した「就活終わらない号」。履歴書(本物)を搭載し、採用を迫り相手に突進していく。住所氏名はおろか志望動機まで含めた個人情報が駄々漏れのロボ。

Sdsc_2270

イベント終了後の記念写真。主催者が作ってくれたトロフィ(前列中央のふたりが持っている)の、節度のないデカさにも注目していただきたい。

Sdsc09913

イベント終了後、優勝ロボを借りて遊ぶ子ども。もうなんか、味しかない写真。

出場ロボットの紹介および各賞受賞者はこちら。

東京のMakerFaireなんかとも似たイベントですが、地方ならではののんびりした雰囲気もあり楽しかったです。また、ヘボコン自体にも家族参加が多く、そのうえ単にアットホームなだけでなく、ちょっと天才っぽい感じの子供が多数登場。ぜひ技術は磨かず慣性だけがすくすく育っていってほしいです。

ヘボコン@西千葉工作室

こちらは今月上旬、西千葉にあるFabスペース「西千葉工作室」で開催されたヘボコンです。僕が電車を間違え1時間遅刻、んなを待たすという前代未聞のスタートを切りました。(すみませんでした…)

S15338645_1865929283639971_47064737

今回はなんと会場が外!駅前の通りで、近所のおじいちゃんやらが何事かと思って足を止めて見ていくような環境です。

S15390683_1865929863639913_15403610

子どもの出場者がいると、負けたときに悔しくて泣いてしまうことがよくあるのですが、今回はじめて「悔しくてではなくて相手のロボットが怖くて」泣いた子供が現れました。写真はその子どもを泣かせたロボット。首!

S15356623_1865929590306607_57378891

めっちゃいい写真なので見てほしい(泣いた子とは別の子です)

S15338870_1865929416973291_35617509

全試合終了後の表彰式にて。主催者が自分で優勝を獲得するという破天荒な結末になりました。

S15355750_1865929506973282_78041640

デイリーポータルZ賞。足の付け根がバネになっているイセエビのロボで、転倒して負けたあとにバネによって足がプルプルと痙攣するという小技が効いており、心を打ち抜かれました。(ロボットの写真がなかったため贈呈風景ですみません)

S15338722_1865929286973304_25164407

可愛いロボットの多い、カラフルなヘボコンとなりました!(生首を除く)

学童ヘボコン

そして最後に、つい先日、埼玉県の学童保育(小学校の放課後に共働き家庭の子が宿題やったり遊んだりするところ)でヘボコンが開催されました!子供向けのワークショップは今まで開催したことがありましたが、60人以上の子供がひしめく大規模な子供大会は初めてです。

Dsc03850

機動力の弱いロボが多く膠着状態になりがちだったので、「固まったら土俵を叩いてもよい」というルールを導入。後半はロボットバトルというよりほとんど紙相撲の様相を呈していました。

Dsc03834

2016年を代表するロボットの登場。手前に突き出ている棒が「ペン」です。奥にりんご。

Dsc03812

子供が描いた顔はなんでこんなにかわいいのか

Dsc03895

こういう設計図を基にみんな作ったそうです。(僕が行った時にはもう完成してました)

「さいきょう」「さいきょう」

Dsc03816

ロボット置き場に置いてあり、変わったの作ったなー、と思ってたら結局最後まで登場しなかった、手作りのチューブ。なんだったのか。

Dsc03853

ロボットだけ集めるとゴミっぽくなるヘボコンですが、この日は今まででも群を抜いてました。

前述のように、学童ヘボコンでは「テーブルを叩いてよい」ルールが導入されました。それが試合を重ねるにつれて「マスター(僕のことです。ヘボコンマスター)が言うまで叩いちゃダメなことにしよう」「叩いていいのはチームで一人までにしよう」等とつぎつぎルールが提案されて、一時カオスになりかけた戦場が少しずつ秩序を取り戻していくさまが面白かったです。なにかカルチャーが生まれる現場を目撃した気がしました。

ちなみにそのあとクリスマスパーティーにも混ぜていただいたのですが、子供たちとの交流の末、帰宅時にはメガネとカメラのレンズが指紋だらけになっていました。子供のレンズを触ることに対するためらいのなさ、そして皮脂力を痛感しました。

オーガナイザー募集中

というわけで手短ですがレポートでした。

なお、ヘボコンは引き続き、自主開催イベントを募集しております。ご連絡いただけると、開催のための手引書や賞品に使えるグッズなど、こちらからお送りします。
規模やオープン/クローズドの区別は問いません。イベントごとはもちろん、学祭で、社内懇親会で、もしくは研修の一環として(?)などなど、お気軽に hebocon@list.nifty.co.jp までメールにてご連絡ください。

それでは皆様、よいお年を!

 

« きたれ正月! 12/27~1/4は年末年始とくべつ企画をお送りします! | トップページ | 1/28渋谷ヒカリエででか顔とレンチン会ライブがあります! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事