« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017.06.16

7/1 デカ顔箱を作るワークショップ開催

昨年から各種イベントに出品していたデカ顔箱(英名 The BigFaceBox)のキットが販売されることになりました。それを記念して一緒に作るワークショップを開催します。

ワークショップといっても箱を組み立てるだけなのですぐできてしまいます。

なので、作った箱を持って渋谷の街で写真を撮ってきてもらうことにしました。街で写真を撮ってきて、それを見ながら一緒に笑いましょう。笑うところまでのワークショップです。
もちろん作った箱は持ち帰れます。

日時:2017年7月1日(土)18:00~20:00
場所:渋谷 FabCafe MTRL(ファブカフェ マテリアル)
定員:18名
参加費:6000円(税込)
講師:林雄司(デイリーポータルZ)、よしだともふみ(テクノ手芸部)、ほか

参加費はデカ顔箱キット(5980円)を含みます。つまり、ワークショップ費用が20円です。

申し込みページはこちら

デカ顔箱ワークショップ

定員になり次第終了です。

Top_5
まってるよー

友の会グッズ「おしっこがまんブック」の紹介

林です。5月に送った友の会グッズを編集しました。「おしっこがまんブック」です。

電車のなかで急な尿意を催したとき、さっと取り出して尿意をおさえるための豆本です。尿意をおさえるための叡智が集まっています。

20170616_002

でも、表紙は「効率手帳」にしました。カモフラージュです。

表紙に「おしっこがまんブック」と書くと周りの人にこの人おしっこがまんしているんだなとバレてしまいますからね。おしっこがまんするときもスタイリッシュでいられます。

20170616_003

でもページを開けば「おしっこがまんブック」です。

尿意を忘れるためのさまざまなコンテンツを集めました。

まずはクイズ。あまりの難問に尿意なんて消えてしまうでしょう。

20170616_004

それから尿意をわすれる写真集。ポエムつきです。

20170616_005

そして尿意を忘れるためのツボ。この稿は指圧師でライターの斉藤充博さん執筆です。よく見ると「仰向けになって四本指で刺激します」と書いてありますね。すきを見て電車のなかで仰向けになってください。

20170616_006

それから尿意を忘れるための暗示・フレーズ・動き。

尿意を忘れる脳内物質を出すための叡智が結集しました。この稿については「おしっこを我慢する方法」「おしっこを我慢する方法 第1回結果発表」「おしっこイェイイェイ! まーだだよ♪ おしっこを我慢する方法 第2回結果発表」を再編集しています。

20170616_007

後半はちょっとテイストが変わって、漏らしたときのリカバリフレーズが登場します。もらしたあとのザ・デイ・アフターも我々はケアします。

20170616_008

漏らした後のリカバリフレーズは英語もあります。海外でのピンチでも安心です。

20170616_009

このほか、1日にもらした人が何人いるかのフェルミ推定も作成しました。計算式ははぶきますが、159人という結果になりました。そんなに仲間がいたなんて!世界がまた違って見えます。

おしっこがまんブックは4月に友の会に入会してた人にお送りしました。毎月このような素敵なグッズが届くのでいまからすぐに友の会に入りましょう。


1

2017.06.05

人間大砲、奴隷が回してる棒の装置をさしあげます

こんにちは、編集部の橋田です。
イベントもひと段落し、日々落ち着き通常業務しております。社内で備品を置いている倉庫があるんですが、かなり込み合った状況になってきました。理由は大きな制作物が増えてきたからです。

巨大ガチャ人間大砲奴隷が回している棒欽ちゃんの仮装大賞みたいな得点パネル。最近大きなものをつくりすぎました。どれもバッタ☆ネイション岩沢兄弟に作っていただいたものですが、保管の限界から泣く泣くどなたかにお譲りしよう!ということになりました。

今回差し上げるのは下記の2点です。

募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
2017年6月16日(金)14:00追記


1、人間大砲の装置(だいたいの大きさ:長さ80センチ、幅80センチ、高さ90センチ)

011
この写真からだいたいの大きさがわかるでしょうか。

5

人間大砲のやりかた 
こちらに、人間大砲のやりかたが詳しく書いてありますので参考にしてください。人間大砲をやるのは大変なので、これを置いて写真撮影だけできるコーナーを作ると簡単です。

000001_2
こんな風におさえながら入れば上手に入れます。

000002_2

000003_2

000004_4

意外と居心地よさそう

00007

取り外しできる蓋がついていますので、収納庫としての利用も可能です。

2、奴隷が棒を回す装置(だいたいの大きさ:本体長さ70センチ、幅80センチ、高さ100センチ、棒は取り外し可能、棒の長さは200センチ)

Dsc07092

この写真で、サイズ感がわかってもらえると幸いです。

Dsc07082

奴隷が回してる謎の棒って何なんだ?

どちらもイベントで利用するときに盛り上がるアイテムだと思います。お誕生日会などにもおすすめです。存在感があるので、店先に置いてあるだけでも目立ちますよね。

ほしい!という方は、希望の装置と送付先、この装置が欲しい気持ちなどを下記メールアドレスへご連絡お待ちしております。

1、ご希望の装置   【①人間大砲 ②奴隷がまわしてる棒】
2、欲しい気持ち、感想など
3、連絡先のメールアドレス

応募多数の場合はこちらで選ばせていただきます。

申し訳ありませんが、送料は負担ください。
わたし達がよく利用しているのは「赤帽」です。料金は配送先によって違うので問い合わせてください。
http://www.akabou.jp/person/cars/
・パネルバン 荷台の大きさ ( 長:1,915mm    幅:1,320mm    高:1,245mm)
この大きさの車で運ぶことが可能です。

ほかにも大きな荷物を運んでくれるサービスはほかにもあるみたいです。
・飛脚ラージサイズ宅配便
http://www.sagawa-exp.co.jp/service/h-largesize/
・ヤマトホームコンビニエンス
http://www.008008.jp/transport/

ご応募お待ちしております!!

募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。気まぐれで別のものをお譲りする機会があるかもしれません。(ないかもしれません。)
2017年6月16日(金)14:00追記

2017.06.01

乙幡さん、ハトヒールが世界で話題になった結果、改名を迫られる

こんにちは、編集部 石川です。

先日の乙幡さんの記事、「“ハト”ヒールでハトと仲良くなりたい」

Top

「ハイヒールをハトみたいにして、ハトの群れで人気者になってみたい」という一切共感できない導入から始まりつつも、圧倒的な作品のインパクトで、デイリーの今月の人気記事トップに躍り出ました。

そしてこの記事、国内だけでなく、いま世界中で話題になっています。

Bored

boredpanda はデイリー関係者がけっこう見ている、おもしろサイト。

 

Daily

デイリーつながりで名前的にシンパシーを感じざるを得ない Daily Mail は、イギリスのスポーツ新聞的な新聞のオンライン版です。


Spoon

これが6/1時点でたぶん一番新しい記事。Spoon & Tamago という日本の話題を紹介するページのようです。

Cheese

CHEESEburgerというサイト。これもおもしろ系っぽいです。

Mymod

mymodernmetはアートやカルチャー系のメディア。

 


Ufunk

UFUNKはヘボコンも紹介されたことがあるフランス語のアートやカルチャー系のページです。

India

英語圏以外だと、他にもインドのページ

H

ベトナムのサイト

 

Ru

ロシアのサイトなどにも登場しています。ここに紹介したのはまだ一部。ほかにもいろんなサイトで紹介されております。

ところで、海外のサイトを見ていると、あることに気づきました。

Kyo3

キョート・オーハタ

誰?

どのサイトを見ても、乙幡さん(ケイコ・オツハタ)が「キョート・オーハタ」と紹介されています。

Kyoto

仕方がないのでTwitterのアカウント名にも a.k.a をつけた乙幡さん。

なんでこんなことになってしまったのか。我々取材班は調査に乗り出しました。
そこで判明したのがこちら。

Kyo2_2

どうもKyoto Ohataの初出は、上で紹介したmymodernmetの記事のようです。そしてその情報元として挙げられていたサイトを見てみると…。

Kyo_2

ロシア語!なんと乙幡啓子がロシア語化される過程で、キョート・オーハタになってしまったようです。

ちなみにGoogle翻訳を使って上のロシア語の発音を確認したところ、ほぼ「キョータ・オハタ」みたいな感じの発音でした。

ロシア文字で「ケイコ」と表記することができなかったのか、あるいは単にロシア人が適当だったのかは知る由もありません。
しかしいずれにしろ乙幡さんは「キョート・オーハタ」として、いまハトの羽根で世界に羽ばたいておられます。

Shoemaker

しまいには靴職人にされてます。

なお、今週土曜公開の月間総集編では、この件について乙幡さんへのインタビューを掲載予定。そちらもお楽しみに。

追記:
インタビュー記事を公開しました!3ページ目です→5月の記事ベスト5&「キョート オハタです よろしく」

英語版、乙幡さんの作品記事も公開しております。こちら→Kyoto Ohata's Novelty Collection

« 2017年5月 | トップページ