« 友の会グッズ「マスキングテープ」の紹介 | トップページ | デカ顔 参加者もスタッフも募集(スタッフは募集終了しました) »

2017.07.25

うなぎ代替記事9選

林です。今日7/25は土用丑の日だそうです。

でも、うなぎの漁獲量が激減していたり、絶滅危惧種に指定されたというニュースも気になります。そもそも高いし。
デイリーポータルZを見直すと、うなぎの代わりの食材の記事がたくさんありました。これさえ読めばうなぎを食べなくても問題なしです。まさにうなぎ希少時代のアンセムな記事。どうぞ。

20170725_001

群馬県太田市のナスの蒲焼き。うなぎではないけどごはんがもりもり食べられる、とのこと。写真のシズル感がすごい。この写真だけでごはんが食える。

20170725_002

西日本に多く生息するタウナギ。地元で「水路にいるヘビみたいなやつ」で通じる、というところが気になりますが、香りはうなぎに似ているとのこと。でも脂が少なく肉質が硬いそうです。写真でもなんとなくわかります。

これはうな重ですか? いいえ「あなごのばかし」と「ばかしあい」です(住正徳)

20170725_003

築地にある煮穴子を「うなぎのばかし」という名前で出すお店。でもやっぱりこれもライターの住さんいわく、おいしいう穴子だけどうなぎではない、とのこと。

うなぎカマボコを、うなぎと言って食べさせた(土屋遊)

20170725_004

「うなぎを振る舞うからお集まりください」と呼びかけたことで、うなぎでないことがバレています。ライター土屋さんのふだんの行いがあだになった企画。

デンキウナギを捕まえて、感電して、蒲焼きにして食べた(平坂寛)

20170725_005

豚の角煮のような食感だそうです。でもこれ紹介したところで誰も食べないですね。記事の最後で強盗にあった平坂さんサムズアップしているのが謎。

気持ち次第でうな丼に「さんま蒲焼」(榎並紀行)

20170725_006

さんまの蒲焼きをごはんにのせるだけで「うな丼と遠からぬ味わい」。「サンマの味が分からなくなるくらいタレをかけるのがポイントだ。」と気になることが書いてありますが、これは絶対にうまいだろ。

土用の丑の日には甘酒料理を食べよう(馬場吉成)

20170725_007

土用丑の日ってうなぎだけじゃなくて、甘酒もありなんですよね。ただ飲むだけじゃなくて食材をつけたりしてます。ただ飲むだけだと記事ならないですしね。

蒲焼こう(乙幡啓子)

20170725_008

練り物にタレを付けて焼いていちばんうなぎっぽいものを探しています。食感がうなぎに近いのは「はんぺん」、味がいちばん近いのは「すじ」。
魚肉ソーセージはタレを付けて焼かれても魚肉ソーセージの矜持をたもっていた、とのこと。魚肉ソーセージの矜持なんて言葉、この記事以外で見たことがありません。

簡単にできる激安豪華丼のススメ(地主恵亮)

20170725_009

最後はこちら。ごはんに蒲焼のタレをかけて、自己暗示でうな丼として食べるライフハックです。

--

うなぎが買えなくてもなんて豊かな食生活。うなぎがなくても我々には知恵があります。記事を参考に皆さん Have a nice 土用丑の日!

« 友の会グッズ「マスキングテープ」の紹介 | トップページ | デカ顔 参加者もスタッフも募集(スタッフは募集終了しました) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事